お茶は大量のお湯でいっぺんに抽出すると、軽めでさっぱりとした味になります。
スポーツやアウトドアなどで大量に水分補給用のお茶が必要なときには、やかんやお鍋を使ってすっきりテイストのお茶を作るのも方法のひとつ。大容量ティーバッグ(三角茶袋)なら、大量の茶葉の後始末なくおすすめです。
  • 作りたい量に合わせたティーバッグを熱湯に入れて待つ。
使う道具
おすすめの銘柄
たっぷりの氷のピッチャーに濃いめに出したお茶を注ぐだけで、冷たいお茶のできあがり。

1煎目は60秒。
2煎目以降は待ち時間なしでOK。

ページのトップへ