煎を重ねるとは、急須に繰り返しお湯を注ぎ、同じ茶葉から数回お茶を抽出すること。やかんなど大量のお湯と茶葉でいっきに抽出するとお茶は大味になってしまいがちですが、急須を使うことで味が安定し、使用する茶葉も少なく後始末がぐっとラクに!時間もたった5分ほどで完成です。
  • 急須
  • ピッチャー
  • 熱湯 500ml (250ml ✕ 2回)
  • 茶葉 10g
  • [一煎目] 急須に茶葉10gを入れ、熱湯を注ぎ始めから30秒待ち、ピッチャーに注ぐ。
  • [二煎目以降] 茶葉はそのままで再び熱湯を入れ、待ち時間なしで注ぐ。
茶葉10gで三煎までは確実に淹れられます。
煎を重ねられるのが一保堂のお茶の特長。茶葉自体にチカラがあるので、三煎まで十分煎を重ねることができます。三煎以上でも、葉っぱのよりが開ききるまでは抽出できるので、時短の上にコスパも抜群です。

【1Lのレシピ】※淹れ方は500mlと同じ
・熱湯 1L(250~300ml ✕ 4回)
・茶葉 10~20g(10g ✕ 1~2回)

使う道具
おすすめの銘柄
ページのトップへ