¥1,944(税込)

販売していません

季節のおすすめ

【2017年 酉年限定】新春用特別抹茶 都の鳥(みやこのとり)20g缶

仕様

・内容量:20g
*薄茶で10回分(約2g/1回)濃茶で5回分(約4g/1回)
・サイズ径5.3×高さ5.2(cm)
・賞味期限:180日(開封前)

販売期間:12月15日~1月15日

通年販売でご用意している抹茶は、いわゆる“定番もの”。“銘柄ごと”に味や香りが異なります。
定番ものから好みの銘柄が見つかれば、長きにわたりその味や香りに親しみ続けることができるのです。
でも、年末年始に販売するこの新春用特別抹茶は、ワケが違います。
新年をお祝いするための新春用特別抹茶。
気分新たに新年を迎えられるよう、味や香りの印象は毎年改めます。
新春用特別抹茶ラベルを貼るにふさわしい「華やかな香りと濃厚な旨み」という要件は満たしながら…。

“今年”は、まろやかな甘みにはじまって、ほんのりした渋みが続き、口いっぱいに広がる清々しい香りが心地良い味わいになっています。かすかな渋みがあることで、味に奥行感を与え、この抹茶をより印象深いものにしてくれています。 薄茶なら、もう一服いただこうかしら、濃茶なら、変化のある味わいが贅沢な気分にさせてくれます。

本来は茶道の初釜用(新しい年をお祝いする会)としてご用意していた上等の抹茶。
干支にちなんだ限定ラベルのご用意もございます。
ご自宅使いはもちろん、茶道をなさっている方への贈りものにもぴったりです。

【抹茶について】
新春用特別抹茶 『青雲』、『若松の昔』(ともに赤ラベル)ならびに『都の鳥』(干支専用ラベル)は、茶銘は異なりますが、すべて同じ抹茶です。通年販売の『青雲』、『若松の昔』(ともに白ラベル)とは、詰めている抹茶は異なりますのでご注意くださいませ。

  • 定番抹茶の白色ラベルに対して、紅白華やかな赤色ラベル。
    年末年始限定ラベルです。


  • 京都本店近くを流れる鴨川に冬になるとやってくる渡り鳥のゆりかもめがモデルです。 茶壷にあしらっているのも番いのゆりかもめ。 鴨川にいる間は真っ白、日本を飛び立つときには、顔だけ真っ黒、夏毛に衣替えします。
    「酉年・羽ばたけますように!」と願いを込めたラベルです。

ページのトップへ